ネット犯罪から子どもたちを守るメディアリテラシーの重要性

ネット犯罪から子どもたちを守れ!

すさまじいインターネットの影響力

いまや、私達の生活になくてはならないインターネット・毎日ほぼ全ての人々がパソコン、スマートフォン、タブレット、果ては検索機器に至るまで、生活の奥深くまで入り込んでいます。 スマホやパソコンがないと生きていけないなんて思っている人も多いでしょうね。

子供達のネットに対するコミット

現在子供達にとってはネットはあるのが当たり前、無い世界などイメージするのはさぞ難しいことではないかと感じます。 ゲーム、会話、line、sns、メールなど、インタ-ネットを始まりとしたツールは世界にあふれ返っております。 こうした中、子供達はどうやってネットを使いこなしているのでしょう。

ネットの現在

現在私達の生活になくてはならないものにまで拡大したインターネット・わずか数十年でわれわれの身の回りは大きく変化、まさにネット無しの生活はもはや考えられないのではないでしょうか。

閲覧する媒体も、黎明期はパソコンのみだったのがいまやスマートフォン・タブレット等、実に様々な媒体で見ることが可能です。
通信速度もあっという間に拡大、一瞬にしてほしい情報が手に入ります。
さらに閲覧できる年代も多種多様、老年から子供達にいたるまで実に幅広い年代が閲覧している現在です。

また、ネットの普及に伴い、犯罪・違法行為が蔓延、法整備の必要性が強く問われており、メディアの報道のあり方にも大きく影響を与えており、特にメディアの報道の真為性は今非常に注目を浴びており、また報道のあり方が強く問われている時代といえます。
子供達の教育面でのネット報道の悪影響、また子供達がネット犯罪の被害者となる事例も多く発生している現状です。
特にスマートフォンによるサイト閲覧・line・sns等による被害があとを立たず、法規制もなかなか及ばないといった現状です。

では、子供達のネット閲覧から起こる犯罪・違法行為などから子供達をどうやって守っていけばよいのでしょう。
このサイトではインターネットの遍歴も踏まえつつ、報道する側のメディアリテラシーの有り方についても探り、ネットの問題点・犯罪行為の激減にはどうしたらよいのかを探って行きたいと思います。

ネット犯罪の防止策とは

インターネットは、その利便性、魅力的なツールによって簡単に外の世界とコミット でき非常に簡単に使える世界の裏腹、犯罪行為も脅威的に増加の一歩をたどり国は法整備に追われている状況下、まったくその件数は減少を知らず、また手口も複雑化し、大きな社会問題になっています。

TOPへ戻る↑